おやすみ前の筋膜リリース3選

児玉です。
一日の疲れを取り除き、翌朝すっきり目覚めるためにも筋膜リリースは向いています。

ただし、筋膜リリースは、優しくゆったり行うのをお勧めします。

「痛いほうが効果がある」と思われるかもしれませんが、必ずしもそうではありません。

むしろ寝る前は、副交感神経を優位にしていきたいです。

次にご紹介するヨガボールを使った筋膜リリースは、表層筋膜をゆったりと緩めるようにしていきます。

おやすみ前の筋膜リリース(①全身の伸びを感じましょう)

いつものように、半分くらい空気を抜いたヨガボールを使っていきます。

これを背中に当てます。体勢は、仰向けで、こんな風に、大の字になって横になりましょう。ボールは、肩甲骨と肩甲骨の間に入れます。

こうすることで、胸が広がりますよね。

 

そうしたら、右の手を頭の方向に、左の脚を下方向に伸ばします(対角線上に、伸ばす感じで)

筋膜は、疲れやストレスがかかると、たいがい縮んで硬くなります。

そのため、一日の終わりには、縮んだ筋膜を伸ばしてあげると良いのですね。

気持ちよく手と足を伸ばしながら、ゆったりと呼吸をしていきましょう。(呼吸をすることで自律神経系を整えていきます)

同じ要領で、反対側もやってくださいね。

おやすみ前の筋膜リリース(② 肩周りの筋膜を緩めましょう!)

今度は、腕をゆっくり回していきます。

片方の腕を、大きく回します。その時、鎖骨から腕を回すようにしていきます。

できるだけ大きな円を描くようにしてください。

この時、早く回すことはしません。これは、エクササイズではありません。

身体と対話するようにしながら、どこが伸びていないか、確認するようにゆったりと回していきます。

身体と対話することが大事です(^^)

いつの間にか忘れていたような動きを取り戻すかのように。。

こうすることで、脳へ刺激を送り、全身のコーディネーションが良くなります。

これも反対側の腕も回しておきましょう。

おやすみ前の筋膜リリース(③腰部の筋膜をリリースしましょう!)

 

一日の中で、椅子に座る時間が多い人も多いでしょう。

人間は、身体の構造上、椅子に座るようにできていません。椅子に座る体制が続いていると、腰にとっても負担が大きくなります。

とはいえ、立ち姿勢が続くのも負担が大きいです。販売職など、職業によっては立つことが強いられる人もいますよね。

いずれにしても、腰部の筋膜はもともと縮んで硬くなりやすい箇所なので、ボールを使って腰部の筋膜を伸ばすと良いでしょう!

こんな風に、両手で両脚をかかえます(ボールは、腰に当てます)

必ずしもボールを使わなくても良いかもしれませんが、半分空気を抜いたヨガボールを腰に入れたほうが腰部の筋膜が伸びるのを感じられるでしょう。

とても気持ち良く伸ばすことができると思います。

特に反り腰の方は、毎日、寝る前にやっておくと良いですよ!

ちなみに、腰回りに動きがないと、ウエスト周りが硬くなり、ぜい肉もつき易くなります。

痩身サロンでは、腰回りを徹底的にほぐして柔らかくしていきますよね。

つまり、ウエスト周りを太くしないためにも、柔軟性を保ち、動きがある骨盤にしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。